2012年12月17日

ビビリ

IMGP0039.jpg

カレンさん元住んでいたところが川のそばだったせいか笹薮や垣根の中に興味を持ち平気でどんどん入っていってしまいます。その向こうに逃げ道があると思うのか帰る家があると思うのか。

ですが散歩途中でニオイ嗅ぎする余裕が出てきました。
まず自分とベルに対しては怖がることはなくなりました。3人(1人+2匹)だけの散歩では尻尾を立て堂々と歩きます。
この中では従順というよりは我がままを通す末っ子のような立場にいます。

クルマの中では後部座席に大人しくいることが出来なくなってきました。ベルの席の助手席に割り込んできます。
ひざの上に頭をおき休むようにもなり、まるでベルのようです。ベルもまけじと隙をみてひざに入ってきますがこうなると運転は危険なので落ち着くまでは出発できません。
前に落ち着いて乗ってるのでクレートはいらないと書いたかも知れませんが逆に必要かな〜もしくは固定のできるハーネスが欲しいと思っています。

ここまで馴れましたが今現在の一番の問題はやっぱりのところビビリです。工事中などで大きな音がするのが怖い、散歩中にお友達にあったり撫でてもらったりが怖い。尻尾を丸め後ろ足が震えてしまいます。そんでもって帰ろうよと飛び掛ってきます。

名前を呼んでやって抱きしめてやって時間をかけて安心してもらうしかありません。拒否ばかりしていたら慣れるものも慣れません。
嫌がることを無理やりさせることもしませんので自分に対して恐怖感を克服したのと同様にどんどん撫でて貰ってかわいがって貰って輪の中に入れるようになってもらいたいと思っています。
よろしくお願いします。


ニックネーム きゃぷ♪ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 里親募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3360670
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

〜 オニイサンの掲示板 〜 ブログ記事とは別の話題はこちらに



スライドショーにはベルのアルバムを流しています。


inuneko1.jpg